# 現代DJ概算学総論

# 青春垂れ流しテロ 5

学祭当日はひたすら屋台で働いていた。
あとカラオケ大会出た。予選落ちした。落ち込んだ。(当日レポート終了)


激動の3日間が終わり、後夜祭を迎える頃にはみんな意識がトびかけるくらい疲れ果てていた。おれは起こされるまで意識トんでた。たぶんお花畑見えてた。

みんな死にかけの状態で迎えた後夜祭では、各部門のコンテスト結果が3位まで発表された。2組は学級旗優勝、パフォーマンス、壁新聞準優勝と上々の結果を残した。そしてクラス全員で作り上げたあの装飾も、優勝に輝いた。


また、総合点でも2組は優勝した。


そこからのことはよく覚えていない。教室ではとにかく叫び倒してたような気もするし、打ち上げ会場へ行く途中に女子からの「歌って」とかいうキラーパスを受けて歌ったような気もするし、打ち上げでは緊張の糸が切れて死にそうになっていたような気もするし、学祭から1週間経った今も燃え尽きたままな気がする。

割と正確に覚えてた。



そういえば、おれが担当した屋台はコンテストで4位でした。(オチ)


PAP_0220.jpg
(優勝賞品)


PAP_0219.jpg

という訳で、青春垂れ流しテロ第一部、完。
次回は第二部、"体育祭編"でお会いしましょう。
スポンサーサイト

# 青春垂れ流しテロ 4

ステージ装飾の準備が忙しすぎてコレがアレでソレがもう。


今年は青と白を基調とした"神奈川沖浪裏"をちぎり絵で作ることになり、その色の紙を大量に用意する必要があった。そのため準備の初期段階では青、白色のパンフレットやチラシなどをひたすらかき集めることに奔走した。

まさかちぎるためにパンフレットを取り寄せられるとは某大学も思っていまい。

そうして集めた紙をちぎり始めたのはいいが、ちぎった紙を貼る発泡スチロールの手配が遅れて、届いたのが学校祭2週間前。更に発泡スチロールに下絵を描く担当者が吹奏楽部の活動で忙しくて作業がどんどんズレ込んでいく事態に発展。

本格的な作業が始まったのは学校祭5日前だった。

美術の成績が芳しくなかったおれも下絵の描き込みに駆り出され、描いてはちぎった紙の貼り手に渡し、一段落ついたら自分も紙を貼る作業に回ったりした。その頃になるとクラス全員が装飾作業に取り掛かり、全員で完成を目指していた。

下絵の描き込みが複雑化してくると流石に力及ばず、おれも貼る作業へ回った。

とにかく時間がなくて、みんな毎日20時まで残って作業を続けた。それでも作業が終わらず、学校祭前日は22時まで残った。それでも、作業は終わらなかった。全員の頭に「本当に終わるのか」という不安がよぎった。

不安に耐えかねて誰かが言った、「これ本当に終わるの?」という言葉に対し装飾責任者が「そういうこと思っちゃダメ!完成させるの!」と力強く答えた。彼女の目は死んでいた。

おれは徹夜を示唆したがいろいろ都合が合わず、翌朝早く登校して作業することに落ち着いた。連日の4時半起床にいよいよおれは悟りを開きそうになった。


翌朝、7時前に登校して作業を開始した。「時間がない」というプレッシャーからか全員の作業スピードが格段に早まり、なんとか前夜祭の開始1時間前に完成させた。ステージ上に凛々しく君臨するちぎり絵を前にして、全員顔を綻ばせた。柄には合わないが、その時おれも言葉では表せないような感動に包まれていた。

「おれ屋台担当じゃなかったっけ…?」とは言わなかった。

# 青春垂れ流しテロ 3

「2組の失策はパフォーマンスをあいつらに任せたこと」

今年のパフォーマンスは去年の悲劇を引き起こした面子をほぼそのまま引き継いでいて、更にゴミを2人足しているのだからそう言われても仕方がなかった。

おれはパフォーマンスにはなるべく関与しない方向で活動していたが、訳あって本番で使用する音源の編集を手伝うことになった。

編集と言っても1番サビとラスサビを差し替えるだけのものだろうと思って気軽に構えていたのだが、やけに劣化したyoutube音源を渡されるというアクシデントが起こり、音質補正のためにノイズゲートとかイコライザを使う必要が発生して、結局音源を仕上げるのに1時間以上も掛かってしまった。

そうして仕上げた音源が結局ロクに使われなかった件について、彼らはおれに言うことがあると思う。

しかし、その"音源がロクに使われなかった"というのは"さすがにパフォーマンスがヒドい"と察知したクラスの男子が改革を施してくれた結果としてそうなった訳で、パフォーマンスの質に関しては彼が加入したことにより格段に向上したと言える。

実際、彼のおかげでパフォーマンスは全校2位という当初の予想を大きく上回る素晴らしい結果を残した。

# Search

# Archives

# Articles

# Comments

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。