# 現代DJ概算学総論

# パラレル・ラブ

 大学図書館の静けさは妙に刺さる。
 耳を澄ませると、キーボードの流れるような打鍵音やシャープペンとルーズリーフの摩擦音、ボールペンのノック音が聞こえるが、それらの微小な雑音はむしろ、森でさえずる小鳥のように図書館という空間を彩っていた。
 しかし、聴覚のみに頼れば居心地のよいこの空間は、「大学」という限定された場所の雰囲気を考えると、居心地がよいどころか悪いとさえ言えてしまうような気がした。
 キーボードの打鍵音にはレポートに〆切に追われる者、シャープペンとルーズリーフの摩擦音やボールペンのノック音には試験勉強に追われる者、それぞれの焦燥感や苛立ちが仄かに混ざっていた。
 僕は本を閉じてポケットから携帯を取り出した。本末転倒な話だけれども、この空間はやはり本を読むのに向いていない。
 しばらくすると、「着きました」とYから連絡が来た。待ち合わせの時間には少し早いな、と思いながら辺りを見回すと、ふたつ隣の席に自分の携帯を眺めている彼女がいた。
 僕は軽く手を振り彼女に「気付いたよ」のアピールをして、言葉を交わすこともなく図書館を出た。

 僕とYは付き合っているが、互いに目を合わせることはない。刹那的に目が合うことはあっても、僕たちの視線は大部分が交差するか漸近するか、もしくは完全に平行するだけだ。
 顔を合わせているときでも僕は彼女の後ろや横にあるものを見ているし、彼女はたぶん僕の身体のどこかを見ているんだと思う。
 僕たちは専門的な言い方をすると、「視線恐怖症」というものを患っている。視線恐怖症は自己や他人の視線に関係した不安症状のことで、いくつか種類がある。僕は相手との距離が近いときに目を合わせることに恐怖を感じる「正視恐怖症」と、自分の視線が相手に対して不快感を与えてしまうのではないかと感じる「自己視線恐怖症」の2つを持っていて、彼女は正視恐怖症と、人の視線を恐れる「他者視線恐怖症」の2つを持っている。
 要するに、僕は他人を見たくないし、彼女は他人に見られたくないのだ。

「二人で並んで歩くこの時間が好き」
 キャンパスを二人で歩いていると、Yは小さい声で言った。
 僕も同じ気持ちだった。並んで歩いていればお互いの目を見る必要もないし、安全のために前を向くという、相手の目を見ない大義名分もある。
 もちろん、視線はこちらに向いてはいないのでそれが彼女の独り言なのか、それとも僕に対して言ったものなのかはわからなかった。
「……僕も」
 僕の声は彼女に届いただろうか。
 会話のない時間が続く。
 
 僕とYはあまり喋る方ではない。当たり前だけれど、世間は相手の目を見て話すことをコミュニケーションの基本とする。そのような世の中では、僕たちのような視線恐怖症を持つ人間は肩身が狭い。中には理解のある友人に恵まれたおかげでコンプレックスを抱えずに生きていける人もいるようだが、僕たちはそのような運も持ちあわせておらず、肩身の狭い思いをし続けて、結果として口数の少ない人間になってしまった。
 僕たちは互いにそのことがわかっているから、必要以上に会話をすることがない。隣にいるのに携帯のメッセージを使って話すこともあるし、むしろそちらの方が饒舌になって話が盛り上がる。目を見なくてもよいというところが僕らに気兼ねのない心地よさをもたらすのだ。

 付き合って間もない頃、僕ら二人の様子を見た友人に「どうして目を合わせないのか」と聞かれたことがあった。彼は直接言葉にはしなかったが、恋人なのに、と言いたげだった。彼が言うように、僕たちは恋人同士だというのに目を見て会話することがほとんどないし、あまつさえ一緒にいるときであっても携帯を使って会話していることがあるのだから、およそ通常の神経では理解できないのだろう。
 そのとき僕とYは自嘲気味に笑ってその場を流したが、今なら断言できる。
 これが僕たちの「愛」だ。
 確かに僕たちには欠点がある。でも、僕たちはそれを理解し合っていて、理解し合ってるからこそ互いの欠点を許容し、包み込むことができる。僕はYを包み込み、Yも僕を包み込む。相手の長所を好きになることより、相手の欠点を許容して包み込むことこそが真実の愛だと僕は思う。
 僕はYを見るのが怖いし、彼女も僕に見られるのが怖い。でも、僕は彼女を愛しているし、彼女も僕を愛している。僕たちは不器用なりに互いを理解し合って、互いを包み込むことで真実の愛を勝ち得たのだ。
 
 不意に袖を引かれて、僕はずいぶんと周りの景色が変わったことに気付く。どうやらしばらく考え込んでしまっていたらしい。
「この辺りじゃない?」
 Yは何も話さない僕を咎めることなく言った。
「うん、もうすぐ着くよ」
 僕は前を向いたまま答えた。僕たちはあまり話さないけれど、流石にちょっと黙りすぎたかもしれない。
 着いたら美味しいものでも食べながら話をしようか。 
 カウンター席のあるお店で、ね。


==

ちなみに、俺は自己視線恐怖症と他者視線恐怖症と正視恐怖症を持っています。
失明したほうがいいんじゃないか。
スポンサーサイト
 | ホーム | 

# Search

# Archives

# Articles

# Comments

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。