# 現代DJ概算学総論

# 2015年セリーグ予想

 オープン戦も中盤に差し掛かり、プロ野球ファンの皆さんは2015年シーズンの開幕を今や遅しと待ち望んでいることと存じます。
 
 今年もやります、シーズン予想。

 去年の答え合わせはしませんが、山田哲人の最多安打・ベストナイン獲得を的中させたのは自画自賛せざるを得ません。とはいえ、これは私がスワローズファンだからこそ予想できたことであって、他球団のファンで山田のブレイクを予想していた人がいたのであれば、その人は余程の慧眼であると言えます。羨ましい。




【順位】
1ヤクルト
2広島
3阪神
4巨人
5横浜
6中日

 去年「精一杯ポジって5位」などと言っていたらそれすらも下回ってしまう結果となってしまい大変恥ずかしい思いをしたので、今年は開き直ってスワローズを首位に予想します。
 実のところ、ここ数年の懸案事項とされてきた投手陣の整備も、成瀬、由規、竹下、オンドルセク、風張などの新戦力で案外どうにでもなるのではないかと考えています。特に「新加入」の由規投手には期待しています(すっとぼけ)。
 贔屓球団の首位予想なんてのは山本彩も同じことをやっていたのだからきっと大丈夫でしょう。山本彩に後ろから抱きついて「もおw何なんw」と言われたいという欲望を4000字程度の短編小説に昇華させたい。


【スワローズ開幕オーダー】
1(二)山田哲人
2(三)川端慎吾
3(左)ミレッジ
4(中)雄平
5(一)畠山和洋
6(右)飯原誉士
7(遊)大引啓次
8(捕)中村悠平
9(投)小川泰弘

 山本彩の画像を検索していたら1時間ほど経過してしまったので再開します。
 スワローズの開幕オーダーは概ねこのようになると思われます。変わるとしても、バレンティンのリハビリが奇跡的に進んで復帰する程度でしょう。その場合は3番ライトバレンティン、6番レフトミレッジ、ということになると考えられます。「バレンティンをレフト、ミレッジをライトにした方がよいのでは?」という声もありますが、私からは「スワローズのオープン戦をご覧ください」としか言いようがありません。ミレッジの肩はもうダメです。……もう、ダメです。


【打撃タイトル】
・首位打者→山田哲人(ヤ).330
・本塁打王→バレンティン(ヤ)40本
・打点王→ゴメス(神)110点
・盗塁王→梶谷隆幸(横)35
・最多安打→山田哲人(ヤ)200本
・最高出塁率→鳥谷敬(神).420

 山田とバレンティンに期待。
 意外と手堅い予想になってしまったので書くことがないですね。


【投手タイトル】
・最優秀防御率→黒田博樹(広)1.80
・最多勝→黒田博樹(広)15勝
・最多奪三振→メッセンジャー(神)220
・最高勝率→杉内俊哉(巨).750
・最優秀中継ぎ→又吉克樹(中)32H
・最多セーブ→呉昇桓(神)35S

 やはり今年のセリーグ投手部門は黒田が席巻するでしょう。最多勝は黒田で15勝と予想しましたが、黒田が15勝した場合はその分13敗ほどしていそうで恐ろしい。今年のカープはぜひとも黒田に援護点を与えてほしいものです。
 いくらスワローズ贔屓の私でもさすがにあの投手陣がタイトルを取れるほど活躍するとは思えませんので予想には加えていません。優勝予想しているのに。


【その他】
・新人王→杉浦稔大(ヤ)10勝9敗 150イニング 150奪三振 3.80

 去年の山田に続いて、今年のポジヤク枠は杉浦です。國學院大學出身の2年目投手で、去年はイニングが少ないながらもK/BB(三振と四球の割合、高ければ高いほどよい)で優秀な数値を記録しているため、今年の新人王有力候補と称されることもあります。
 ただ、被本塁打が多いという欠点もあるため、日本で屈指の狭さであり、投手が不利な明治神宮球場を本拠地とする中でどれだけの成績が残せるかが見ものであると言えます。
 あと誕生日がぼくと同じなのでがんばってほしい(小並感)。

・ベストナイン
投手→黒田博樹(広)
捕手→中村悠平(ヤ)
一塁→ゴメス(神)
二塁→山田哲人(ヤ)
三塁→ルナ(中)
遊撃→鳥谷敬(神)
外野→バレンティン(ヤ)、マートン(神)、筒香嘉智(横)

 阿部慎之助(巨)が一塁に行ってしまったので、「打てる捕手」となると中村や梅野隆太郎(神)、會澤翼(広)あたりの名前が挙がってきますが、正直なところ全く読めません。小林誠司(巨)や松井雅人(中)の覚醒もありえない話ではありません。今年のベストナイン予想でもっとも難しいのは捕手だと思われます。
 あとはだいたい去年と同じか、下馬評通りだと思うんですよね(適当)。

・ゴールデングラブ
投手→前田健太(広)
捕手→中村悠平(ヤ)
一塁→阿部慎之助(巨)
二塁→菊池涼介(広)
三塁→村田修一(巨)
遊撃→鳥谷敬(神)
外野→亀井義行(巨)、大島洋平(中)、丸佳浩(広)

 ゴールデングラブにおいても捕手の予想は難しいでしょう。去年のゴールデングラブの得票数から考えて中村、ということにしておきましたが、ここ最近の中村は送球が劣化してきているので、ゴールデングラブ獲得は難しいのではないかと考えられます。主たる対抗馬は小林でしょう。
 その他のポジションにおいては一塁がロペス(横)、外野の亀井が大和(神)に取って代わる可能性がある程度でしょう。




 今年のセリーグ予想は以上です。
 ノリさんどこ行くんだろうね。
 | ホーム | 

# Search

# Archives

# Articles

# Comments