# 現代DJ概算学総論

# 天鳳日記③ オーラスのリーチ判断

 麻雀をブログで扱うようになってから馬鹿みたいに更新しているがコメントは付かない。
 ちなみに今回は東風戦。




【得点】
概算:37600
下家:28400
対面:19000
上家:15000

【放銃】
なし

【和了】
上家→DJ概算 16000
下家→DJ概算 2600




東2局、ドラは東。
2016y09m27d_000118901.png
 混一色にしか行きようのない配牌。
2016y09m27d_000124441.png
 第一ツモで七筒を引いてやる気満々の九索切り。どの字牌の重なりも捨てたくない。
2016y09m27d_000135221.png
 6巡目に対面からドラの東が切り出される。
 混一色・七対子・ドラ2・赤1の倍満一向聴である以上、ドラをポンして周りの注目を集めたくないので東をスルー(東をポンした場合、中も鳴かないと倍満にならないという理由もあったが)、ただしドラ切りである以上対面はある程度警戒(ツモ切りだけど)。
2016y09m27d_000153216.png
 で、次巡に發を引いて前述の倍満テンパイ。自分の河が混一色と思われにくいことからさらなる迷彩のために赤五筒切りも考えたが、そうすると今度は五筒の裏筋で六筒が警戒されそうなので素直に六筒切りダマ。
2016y09m27d_000202420.png 
 次のツモで八筒を引いてこれまた迷う。
 混一色どころか七対子にすら見えない河で五・六筒の両面ターツを落として八筒単騎で待っているなんて誰が思うだろうか、いやしかし赤五筒を切って下家(筒子を1枚も切っていない)に「チー」なんて言われて手を進められても嫌だ、ということは五筒を切るにはリーチか?いやモロ引っ掛けを警戒するでしょ……と逡巡し、「これだけ迷ってしまったからにはツモ切ってダマテンを継続しよう」と謎の理論を展開し八筒をツモ切り。
2016y09m27d_000213019.png
 結果、9巡目にテンパイを入れた上家の親の五筒切りリーチを捉えて16000の和了り。
 迷いなく待ち取りして和了りをもぎ取ればもっと格好良かったのになあとも思う。




東4局、ドラは一筒。
2016y09m27d_001213122.png
 2着の親と4000点差のトップ目でオーラスを迎え、六索から入っちゃったらどうしようと思うような配牌を貰う。
2016y09m27d_001216638.png
 と思ったら六索から入ってしまい(麻雀あるある)、ひとまず2枚切れの北を打ち出す。
2016y09m27d_001223918.png
 次巡に四索を引き入れ、中を切る。
2016y09m27d_001233422.png
 二萬ツモ切りのあとに七筒を引き入れ四・七索ノベタンのテンパイ。
 平和への手変わり(二・四・五・七筒と六・九索)、タンヤオへの手変わり(八索)、役無し三面張への手変わり(一・八筒と三索)があるためひとまず東を切ってダマ(もちろん対局時には手変わりがあることは分かっていたがここまで広いことには気付いていない)。
2016y09m27d_001248947.png
 直後に下家から東が切り出され動揺したまま一萬を引く。
 トップ目である以上リーチも掛けたくないのでまだまだ手変わりを見てツモ切り。
2016y09m27d_001255796.png
 今度は対面から七索が出てくる。ここでツモ切りリーチの選択肢も浮かばないという引き出しの少なさと胆力の無さを露呈する七索切り南単騎リーチ。
 河がタンヤオ手に見えることから、1枚切れの南が止まることはないという目論見もあったが、他家からすると「和了りトップなのに何故タンヤオ手でリーチを打つのか」という話である。
2016y09m27d_001310806.png
 11巡目に下家から南が出てきてロン。
 裏ドラが1枚乗り、2600の和了りとなった。
2016y09m27d_001316179.png
 放銃もないので結果は勿論トップ。




 しかし、オーラスのあの場面では何が正解だったのだろうか。
 ダマでのひょっこりツモもしくは手変わりを期待するのか、それとも四・七索もしくは字牌単騎で即リーを打って相手に圧力を与えるのか。
 今回のケースは手替わりの幅が太平洋より広かったので(多井隆晴プロの持ちネタより拝借)、手変わりを待ち続ける方が良かったのかもしれない。
 ところが今回の私は「四・七索ぐらいではリーチを打ちたくない」とダマに構えたのにも関わらず途中で日和って中途半端にリーチを打ち(しかも待ちを狭くしてのリーチ)(マジで謎)、一応は成功したものの、モヤモヤが残る結果となってしまった。
 こういう場面での判断をしっかりとできるようなシステムを構築することが強者への第一歩なのだろうが、真面目に麻雀を打つようになってからまだ1年足らず。
 まだまだ勉強することが多い(そこが楽しいのだが)。

# 天鳳日記② 今日もオリ打ち

 ここ数日で東南戦を20回程しましたが、1回もトップを取れずラスばかり引いて三段に降格してしまい参りました。
 以下、本日の結果とハイライト。

【得点】
下家:48300
上家:21400
概算:21100
対面:9200

【放銃】
DJ概算→対面 8000

【和了】
対面→DJ概算 11600




東2局、ドラは白。
2016y09m25d_131052453.png 
 9巡目に対面から九萬切りリーチ。
 現物が1枚もなく、相手の河も割と強いので「ええい、わからん」と一枚切れの發を切る。
 ここ最近は2枚切れの字牌すら切るのが怖いというほどに放銃しまくっている(しかも七対子ですらないことがザラ)ので、こういう状況は非常に困る。
 次に五萬を引き、相変わらず安牌も無いので少考。
 打牌候補としては五萬(二萬片スジ)か一索(二索ワンチャンス)。
 一索は二索のワンチャンスとは言え、対面の河には索子の下が1枚もないので怖い。ただ、河がタンヤオ手に見えて一索が通りそうに思えたので一索を打った。
2016y09m25d_133638565.png
 結果はご覧の通りである。
 何を言っても後の祭りではあるが、五萬を切らなかったのは九萬の裏筋を警戒したからである。
 ただ、タンヤオ手のような河をしていながら六萬・七萬・九萬と持っていることに何のメリットがあるのだろうか。789の三色、チャンタ系を狙っているのであればわかるが河には八索が2枚切られ、字牌がバラ切りされている。
 そう考えると萬子の679からの九萬切りリーチである可能性は低いということが分かる。
 萬子を九萬しか切っていない下家を警戒しようにも、オリていることがほぼ明白で、上家も生牌の九索を切ったことに多少の違和感を覚えたが、手出しであることから、トップ目の親が先制を許してから悠長に辺張を落として押し返すことは考えにくい。ほぼオリていると見て差し支えなかったはずである(後から見ると暗刻だったので九索は上家にとってかなり打ちやすい牌だったが)。
 となれば、五萬を切るのが正しい手順だったのではないかと考えられる。五萬を通せばその後も八萬が切りやすくはなる。
 本当に読みが甘いとしか言いようのない一打であった。
 いやでも456の三色とかに見えないかこれ?(未練)


東3局(親番)、ドラは四萬。
2016y09m25d_140027485.png
 7巡目にドラを引き入れ、メンタンピンドラ1確定、赤五筒ツモウラウラで倍満のリーチ(強欲)。
 最近はリーチしてから押し返されて放銃するケースが多すぎるので3900もしくは5800の手が入ればダマに構えるのだが(弱腰)、親番で先制ということでリーチを選択。
2016y09m25d_140528425.png
 と思ったらドチャクソに押し返されて肝が冷える。7巡目にラス目の親からリーチが掛かってもここまで押し返せる他家が凄い。自分には絶対にできない(弱腰)。
2016y09m25d_140626871.png
 筒子がどんどん安くなっていったせいか、対面から五筒が出てロン。裏は乗らず11600の和了り。


南4局、ドラは一萬。
2016y09m25d_140836900.png
 トップ目と12400点差なので、7700直撃か3000-6000ツモ条件(本当は6400直撃でも良いがこの手牌からはどうやっても25符4翻や50符3翻にはならないので)。
 一萬を雀頭にしてメンピンツモドラ3を目指す。
2016y09m25d_141301552.png
 一萬が2枚出てしまったことと、親が全力で局を終わらせにきたことから、メンピンドラドラの一発ツモもしくはツモ裏1条件でリーチ。
2016y09m25d_141416352.png
 と思ったら直後にツモられて昇天。
2016y09m25d_141431925.png
 そしてリーチ棒を出してしまったがゆえに3位転落。
 ダマだとピンフドラドラの3900なので直撃は不可能。ここから234の三色に渡るのは間に合いそうもないのでやむなくリーチを掛けたが、そもそも天鳳は2位でもポイントが入ってくるので、今になって考えると何が何でもトップを目指す必要もなかった。
 競技麻雀の見過ぎだろうか。

2016y09m25d_142249704.png

 そして個人データ。レートが落ちる一方である。

# 天鳳日記① 25000→1800→21900

 先程終了した半荘戦について振り返ってみる(クソ長い)。
続きを読む »

# Search

# Archives

# Articles

# Comments