# 現代DJ概算学総論

# 天鳳日記④ リーチ嫌い

 気まぐれに始めてみた三人麻雀が存外に面白くて、最近は三人麻雀ばかり打っている。


【得点】
概算 57000
上家 37600
対面 10400

【放銃】
なし

【和了】
東2局 対面→DJ概算 5200
南1局 上家→DJ概算 8000
南2局 対面→DJ概算 8000
南3局 ツモ     1400



東1局、ドラは一萬。
2016y10m05d_161150002.png
 7巡目にピンフ・赤1のテンパイを入れるが、ドラが1枚も見えていない上に上家が早そうで押し返されても嫌なのでダマに構える(実際に上家はテンパイしていた)。
 8巡目に対面が上家にチートイドラドラの6400を放銃。


東2局、ドラは一筒。
2016y10m05d_161209456.png
 6巡目に白・ドラドラのテンパイ。出和了り5200でそこそこの打点なので四索を切り両面に受けてダマ。
2016y10m05d_161214713.png 
 次巡に發を引き入れて三元役の誘惑に駆られたが両面ターツを落とすとドラ色の混一色が本線と見られ中も發も出てこなくなりそうなのでツモ切り。
2016y10m05d_161221763.png 
 直後に対面から二索が出てロン。5200の和了り。


南1局、ドラは東。
2016y10m05d_161241748.png
 7巡目に混一色・西・白のテンパイ。一通まで見ようかと思ったが、現段階で満貫なので打点十分と判断し二索を切り南単騎ダマ。
2016y10m05d_161250521.png
 直後に対面が一・四筒待ちのリーチを掛け、そのまた直後に上家が南をツモ切りしてロン。8000の和了り。


南2局、ドラは五索。
2016y10m05d_161316445.png 
 7巡目、八筒を引き入れ、六索か七索を切ればテンパイを取れたが、索子が高そうな局面でドラ側の牌は出てこないと思いツモ切り。
 すると8巡目に対面が九索と西のシャンポン待ちリーチ。
 たかだか2000点の手でラス目のリーチに突っ込みたくないのでオリを選択。
2016y10m05d_161337209.png 
 と思ったら12巡目に再度テンパイ。六筒のワンチャンスかつ五筒のスジで八筒を打ち四筒・六筒の中ぶくれシャンポンのテンパイを取る(ラス目のリーチに突っ込みたくないとは何だったのか)。
 このときは「八筒しか無いでしょ」と八筒を切ったが、今となっては四筒もしくは六筒切りの方が良かったのではないかと思う。
 四筒を切ると残り5枚(見えている限り)の三・六・九筒待ちとなり、フリテンだがそこまで悪くない。対面には中筋かつ安い色で比較的打ちやすく、上家には片スジだが、六筒はこちらが3枚持っているため四・七筒待ちも可能性が低い(というか直前に対面が七筒を切っているし上家もツモ切りが続いているので山越しを掛けられない限り当たらない)。
 六筒を切ると残り4枚(見えている限り)の四・七筒待ちとなり、対面の現物待ちとなるので良い。対面には中筋かつ安い色で比較的打ちやすく、上家にも片スジで八筒も3枚見えで比較的打ちやすい(結果として最後の八筒は上家が持っていたのだが)。
2016y10m05d_163720073.png
 八筒切りには色々と疑問が残るが直後に対面から四筒が出てきて結果オーライ。8000の和了り。


南3局(親番)、ドラは一萬。
2016y10m05d_163738827.png
 發の後付でサクっと和了ったので省略。
 結局一度もリーチを掛けずにトップを取った。


2016y10m05d_163808801.png
 この対局で二段に昇格。
2016y10m05d_163905057.png
 天鳳の公式サイトで公開している段位別の平均データと比較してみると、リーチ率が平均より1割弱低いことがわかる。
 「リーチを掛けるとロクな目に遭わない」というのが持論のため、序盤に「役無しで安いが形は良い」といったテンパイが入ったとき以外はリーチを打っていないのだが、奇しくも「基本はテンパイ即リー」とする現代麻雀の潮流に真っ向から反する打ち手となってしまった。
 たぶん、リーチ判断が下手だからロクな目に遭っていないのだろう。
 どうやったらリーチうまくなるんすか?
 | ホーム | 

# Search

# Archives

# Articles

# Comments