# 現代DJ概算学総論

# ブログの可能性

「ブログ6年やってる」って言ったら驚かれた。

ここ数年でツイッターが爆発的に普及したからあたり前田のクラッカーだけど、最近は本当にブロガーが減った。いくつかブログランキングを覗いてみると明らかに過疎化が進行しているし、しまいには「SNSが流行ってるのに何でまだブログやってるの」と言われる始末である。

「社会的ネットワークの構築」という広い意味で考えるとブログもSNSに含まれるはずなんだが、ツイッターやミクシィ、フェイスブックがSNSの代表格であるという風潮がある以上、この3つに比べてコミュニケーションのリアルタイム性や手軽さが劣るブログはSNSには分類されないんだと思う。

今はブログを更新するとツイッター等に通知する機能がどのブログサービスにもあるから、一見リアルタイム性は劣ってないように思えるけど、それは裏を返せば各種SNSに通知しないとブログが更新されたことがすぐにはわからない訳だから、やっぱりブログはツイッターのようなリアルタイム性は持っていない。

また、ブログでコミュニケーションを取るにはエントリにコメントすれば良いだけなのでこれまた一見手軽そうに思えるけど、そのコメントの多くはエントリに対する感想で、エントリがよほど深い内容でもない限りその感想も二言三言で終わってしまうから、「手軽」というより「薄っぺらい」とか「ワンパターン」と表現する方が適切かもしれない。

ここまでこき下ろしてしまうとブログの立つ瀬がないかもしれないけど、実際ブログが廃れつつのはツイッターなどに劣る点が多いからとしか言いようがないのが辛い。

しかし、ブログにも長所はある。

俺はいつも「何でブログやってるの」と聞いてくる人には「文字数が無制限だからこそできることもある」と答えている。実際ツイッターにこのエントリのように自分の意見を長く書くことはできないし、いわゆるネタクラスタがツイートするネタも140文字という縛りが笑いの幅広さを制限していると思う。文字数が無制限だからこそ、長い文章や画像、映像を駆使したエントリを書くことができるのがブログの最大の強みではないか。

(余談だけど、ツイッターで文字数いっぱいのツイートを何連投かして自分の意見でタイムライン埋めてる奴いるけどアレはマジで死んだ方が良い。それをまとめてRTする奴も同罪。せめてtogetterにまとめたものをRTしろ。死ね。マジ死ね)


ブロガーから見てもツイッターは良いサービスだと思うし、現に俺は3年近くツイッターにドハマりしてるけど、やっぱりブログを廃れさせたくないのが本音である。ブログを「芸能人がステマするためだけのもの」にしたくないのは多くのブロガーに共通する願いだと思う。

まぁ、マエケンのエンブリーはめっちゃ面白かったけどな。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://igamamire.blog123.fc2.com/tb.php/127-7104957b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# Search

# Archives

# Articles

# Comments

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。