# 現代DJ概算学総論

# 2012年シーズン総括

何が何でも野球通ぶりたいので今シーズンの総括をしてみる。

さすがに12球団全てについて書くのは難しいので、今回は日本一の読売ジャイアンツと俺の贔屓球団・東京ヤクルトスワローズの2球団にスポットを当てたい。地元でパリーグ覇者の日ハムについて触れてもいいんだが、基本的にセリーグファンなので日ハムはあまり詳しくないから書かない。(大きい声で言うと道民に棍棒でリンチされる)


まず最初に誰も興味が無いと思われる(切ない)スワローズについて書く。

毎年のように言っているが、やはり怪我人の多さが順位に響いたように思える。開幕スタメンの田中、上田、ミレッジ、畠山、川端、宮本、バレンティン、相川、石川のうち、怪我や不調で2軍落ちせず1軍に居続けたのは田中浩のみという体たらくである。控え野手や他の先発、リリーフを入れても1軍に帯同し続けたのは田中、森岡、赤川、押本、日高の5人のみである。由規に至っては……(遠い目)

また、投手陣の不調も痛いものがあった。左のエース石川が防御率3.60と低調に終わり(統一球でなければ極めて石川っぽい数字だが)、また村中、赤川などの期待の若手左腕も防御率3点台で奮わず。先発は病み上がりである右のエース館山の孤軍奮闘と言わざるを得なかった。リリーフも松岡の長期離脱、押本の不調、左のリリーフの不足などが相まってまさに焼け野原となってしまった。更に前年まで守護神だったイムが故障で退団が濃厚になっているのが悲しい。数少ない希望はバーネットの守護神定着とセットアッパー山本哲の台頭である。あと正田のカーブ、個人的にめっちゃ好き。

怪我人がこれだけ出たのにも関わらず打撃成績はリーグ覇者の巨人にも劣らなかったので、投手陣の再生さえ見込めれば来年もCS争いに食い込めるはずである。頑張れスワローズ。


続いて先程日本一を決めた巨人。

今年の巨人は投手陣が特に素晴らしかった。先発は内海、杉内、ホールトン、澤村、宮國と及第点を遥かに超えるピッチャーが揃い、リリーフは西村と山口が期待通りもしくはそれ以上の活躍を見せ、新外国人のマシソン、ルーキーの高木京、田原も1年目からNPBに適応し健闘した。個人的に予想外だったのが福田の活躍で、元々肩を作るのが早いピッチャーであったのが功を奏したのか、緊急時のロングリリーフとして盤石の地位を築いた。防御率1.61、WHIP0.94、シーズン8勝(先発登板は0)という成績が彼のロングリリーフ適正を如実に表している。巨人ファンに聞くと「今年の裏MVPは福田」との声が多い。

野手陣は前年統一球の対応に苦しんだ阿部と坂本の復活が大きかった。阿部はあわや三冠王となる成績を残し、坂本も3番バッターとして申し分ない成績を残した。個人的に評価したいのは1番に長野を起用したことで、これにより3番坂本のクラッチヒッターぶりを活かしつつ1番の破壊力を維持できたのが打線の怖さを増させる要因になったように思う。しかし、前年から指摘されていた長野以外の外野、ファースト、セカンド、サードの穴を埋めるのは難しかったのか、完全に埋めることが出来たのはサード(村田)だけだった。内外野2枠ずつの穴を日替わり起用で埋めつつもペナントレースを制したのは、ひとえに巨人の選手層の厚さ故と言わざるを得ない。

これで内外野の穴を埋められたりしたら来年以降手が付けられなくなりそうなので、巨人は今オフばかりは補強を控えていただきたいものである。あと面白いのでボウちゃんは残してほしい。エドガーは知らん。



来年もよほどのことがない限り巨人が優勝すると思うので、こちら側としては必死に食らいついていきたいものである。しかしヤクルトの川端は秋季キャンプ入る前に怪我しやがったからもうどうしようもない。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://igamamire.blog123.fc2.com/tb.php/142-a285b1de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# Search

# Archives

# Articles

# Comments

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。