# 現代DJ概算学総論

# 天鳳日記⑥ 最序盤のヘッドレスイーシャンテン

tenhou_prof_20170224.png

 四段には復帰できましたが特上卓には復帰できていません。

 今回はヘッドレスイーシャンテンの話です。


2017022415gm-0089-0000-43298f93tw=2ts=2.jpg
 さて、この牌姿。
 3巡目でこのイーシャンテンになっていることからガレナー的なものが来ていると思われますが(オカルト)(対面が東発に18000を和了ったことは無視するものとする)、これはこれで何を切れば良いのか困ります。
 
 2017022415gm-0089-0000-43298f93tw=2ts=22.jpg
 結論から申し上げますと、私は赤五索を引いて足踏みしたくなかったことと、マックスで678の三色があることから七筒切りを選択しました。

2017022415gm-0089-0000-43298f93tw=2ts=23.jpg
 で、次巡に九筒を引き入れて期待していた赤五索も三色もありませんがリーチ。

2017022415gm-0089-0000-43298f93tw=2ts=24.jpg
 結果的にはドラ一発ツモで満貫の和了りでしたので麻雀って簡単だなあと2着の分際で思ったものですが、今回はこの選択が正しかったかを検討してみたいと思います。



n17182627272829313233353637351901031.png

 恐らく、打牌候補としては七筒・五索・六索あたりが本線ではないでしょうか。一応ではありますが、六筒や九筒、七萬、八萬などを切る可能性も想定することにします。その他に関しては私の弱い頭脳では処理できませんので無視します。

①打七筒の場合
 打七筒とすると、受け入れは打五索に比べると狭くなりますが、それでも6種20枚あり、その全てが好形テンパイです。また、赤五索の受けもあり、八索や六萬を引いてテンパイすれば678の三色が見えるので、打点の面でも申し分ないと思います。
 裏目らしい裏目は五筒だけだと思いますが、そのときは打九筒として亜リャンメンとノベタンの形を残し、筒子と索子の双方で赤ドラの受け入れがある形に構えると打点が見込めるのではないでしょうか。打五索に比べると七萬・八萬の縦引きによるテンパイを逃すことになりますが、ドラが九萬である以上考慮するメリットは少ないと思います。
 何かもうこれが正着っぽい感じがしてこれ以上書く気がなくなってきましたが続けます。

②打五索の場合
 打五索のメリットは受け入れの広さで、9種28枚あります。ただし、五筒・八筒を引き入れた場合は七萬もしくは八萬の単騎テンパイとなるので、好形テンパイの受け入れは7種21枚ということになり、打七筒と大して差はありません。現代麻雀技術論では最序盤は手を組み替える余裕があるのでメンツ固定が有利とされていましたが、この牌姿に関しては最序盤の打五索は正着とは言えず、テンパイ料を目指す終盤(形はどうでも良いからテンパイさえしていれば良い)に打五索という選択が正着となるのだと思います。
 こうなった理由としては、ドラが九萬であるという部分が大きいと思います。打五索とする一番のメリットは七萬と八萬の重なりによるテンパイだと思われますが、ドラが九萬であることによりまず八萬がドラ表示牌に1枚吸収され、仮に七萬・八萬が重なったところでドラ受けが消滅します。既に索子で123のメンツができており、タンヤオへの手変わりも遠い以上、ドラの九萬の受け入れは捨てがたいものとなっていて、そのために最序盤に打五索とするメリットが損なわれていると言えるでしょう。仮にドラが九萬ではなかった場合、私はセオリー通り打五索としていたと思います。

③打六索の場合
 いわゆる雀頭固定の打牌。受け入れは狭いですが(4種15枚)、ピンフが確定します。しかし、赤五索を引き入れたときに少し困ります。暗刻にしてもう一度ヘッドレスに構えるのか、黒五索を切ってピンフイーシャンテンを継続するのかという選択肢が思い浮かびますが、前者はピンフが消えますし、後者はただの足踏みでしかありません。
 ていうか、打七筒は赤受けもあってピンフも確定なんすよね。よっぽど筒子が切りたくないような場況であるなら打六索も有力な選択肢となりますが、今回に関しては最序盤で場況もクソもありませんので、打六索は悪手でしょう。

④打六筒・九筒の場合
 打六索より1枚だけテンパイチャンスが広くて、ピンフも確定。赤五索を引いても困らないので、打六索よりは悪くない選択肢かもしれません。「打牌候補の本線は七筒・五索・六索」としましたが、これはちょっと意外でした。
 678の三色があるので、実際に選択するとすれば九筒>六筒>六索でしょうか。

⑤打七萬・八萬の場合
 ドラ受けも三色も拒否するので論外の極みなんですが、一応受け入れは八萬が5種16枚で六筒・九筒と互角で、七萬が5種15枚(八萬がドラ表示牌のため)となっています。平場では絶対に選択しませんが、オーラスの和了りトップの場面に関しては候補の一つになり得るのではないかと思います。和了りトップである以上、ドラを使う必要がなく、ただでさえ期待できないドラスジを待ち続けるのは効率的とは言えません。ならば、他にメンツ候補もあるのでドラ筋リャンメンを払ってしまう選択も結果的には最速となる可能性もあります。リャンメンを払っている最中に片割れを縦引きすることによるテンパイもあるので、ドラ表示牌で1枚使われている八萬から切り出すことになるでしょう。
 ただ、万が一六萬が出たときの食い三色の可能性も捨てがたいので、本当に微妙な差になりそうです。





 とまあ、一応の結論として、この牌姿に関しては序盤から中盤は打七筒、終盤は打五索を正着とするのが良いと思います。場況や点棒状況次第では、六索や九筒、八萬などの選択も可能性としては残るでしょう。
 ただし、ドラが九萬でなければ打五索の価値が上がり(というか正着になるかも?)、「俺は単騎テンパイでもリーチするけど?」という豪の者についても打五索の価値が上がるでしょう。
 
 今回は「たぶん七筒の方が良いよな?」と半信半疑になりつつ打牌して何とか良い結果に繋げることができましたが、こういう牌姿から自信を持って素早く打牌できるようになりたいものです。

 それでは、またいつか。
 今度こそ特上卓に復帰できた頃に。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://igamamire.blog123.fc2.com/tb.php/178-a1524d8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# Search

# Archives

# Articles

# Comments

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。